スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | ブログランキング Yahoo!ブックマークに登録

かつらを購入するための基礎知識

かつらの値段の相場は、
・オーダーメイド ⇒ 40~60万
・一般の販売品(既製品) ⇒ 10~30万
程といいます。

しかし店やメーカーなどによってかなり違うのが現状のようで、かつらひとつに100万単位の値段が付くものもあるようです。

やはり自分に合ったかつら選び、アフターケアのことを考えてのお店選びというのが、非常に重要と言えるでしょう。

当然買った後も、定期的なかつらのメンテナンスや調整は必要です。
散髪に行くのと同じように、かつらも手入れすることが必要なのです。

ただ、どんなかつらにしても使い続ければ痛み劣化していきます。
その為、(同じ)かつらを2つ持ち、片方を修理・メンテナンスに出している時は、もう片方のかつらを使用する、というようなスタイルもかなり多いようです。

かつらの維持費用としては、毎月5千円~2,3万ぐらいを考えておけば、殆どの場合問題ないということです。
面積的に、多くを被せているものや、全面的なものに関しては、やはり部分的なかつらより費用はかかるようです。

インターネットで情報を収集される場合、そして購入を検討される場合、
決して焦らず自分に合ったものを探し、100%満足いくものを購入して下さい。
わからないことは素直にわからないと、お店の方と話し、自分が納得してからかつらを購入することをお奨めします。

きっと有益な情報があるはずです。かつらについての知識を深めましょう。
スポンサーサイト

かつらナビ | ブログランキング Yahoo!ブックマークに登録

人毛と人口毛髪の違い

今回は人毛と人口毛についてです。
当り前のことですが、人毛とは誰か他の人から取った髪で、人口毛とは本物の髪に似せて作ったものになります。

最近は技術開発も進んで、優れた人口毛髪が作られそれが主流となりつつあります。
が、当然人口毛にもいい点・悪い点があり、人毛によるかつらやウィッグもいまだ根強く残っています。
ここではその、人毛と人口毛のそれぞれ良い所・悪い所を述べていきたいと思います。

人毛の良い点

・自然で馴染みが良く、また縮まない。
・自分の好みのスタイルに自在にセットができる。

人毛の悪い点

・変色する。1年に何度か染色しなければならない。
・手入れが悪いと痛みやすい。

人口毛の良い点

・型崩れしにくく、また色落ちもしない。
・耐久性も強く、メンテナンスも楽。

人口毛の悪い点

・セットに気配りをしないと、非常に不自然になる。
・静電気が起こりえる。また年月で縮んでしまう。


ただ、先程も述べたように、近年のかつら技術の発達は目を瞠るものがあり、人口毛と人毛のミックスでかつら・ウィッグを作ることも可能になっています。

お好みのスタイルに合わせた、かつら選びが可能なのです。各店によってスタイルは様々なので、用途にあったものを探してみて下さい。

かつらナビ | ブログランキング Yahoo!ブックマークに登録
  • SEO
  • loading
  • w

最近の記事

カテゴリー

Sns, Rss

セントラル短資FXクチコミ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。